↓ブログを収入に!無料メールマガジン講座↓

マインドセット

イチローの引退会見から学んだ目標達成と仕事に向き合う姿勢

こんにちは、たつです。

2019年3月21日にイチロー選手が現役引退を発表しました。

野球の素人からしてみればまだまだいくんじゃないか〜なんて思っていましたが、45歳までMLBで現役だっただけでもスゴいですよね・・・。

引退会見をすべて見て力が湧いてきました。「明日からまた仕事頑張ろう!」と。

引退会見中に記者からの質問を様々受けるイチロー選手。そこに彼の生き方そのものが表れていて、僕自身ためになり心に響いたのでここにまとめます。

たまに見返しながらハツラツと生きていこう!と強く思える内容でしたね。

イチローの引退会見から学んだ「生き方」

イチロー選手が子どもたちへ伝えたいこと

自分が熱中できる、夢中になれるものを早く見つけて欲しい。早く見つかれば自分の前に立ちはだかる壁も乗り越えていける

イチロー選手はこのように未来ある子どもたちへ言葉を送っています。

イチロー選手は会見で「我慢できない人」と自分のことを言っていました。ほんとに好きなことじゃないと続けられない。「好きなこと」はエネルギーであると同時に、向き不向きではない、とも言っています。

好きだったら、「俺向いてないのかな?」と考えないってことですよね。

これが根本にあって、その上で努力を重ねてきたんだなというのがすごく分かりました。

そしてほんとの自分に出会うのが「生き方」であると強く語っていました。

地道に進む、後退もしながら、ある時は後退しかしない。自分がやると決めたことを信じてやっていく。

でもそれが正解とは限らない。でもそうやって遠回りすることでしか、ほんとの自分に出会えない。

この言葉を聞いて、イチロー選手ってなんて強い人なんだと思いましたね。

イチロー選手の中では「止まる」とか「諦める」というマイナスイメージは出てこないんでしょうか?常に動いて考えているってことなんですね。

遠回りは一番の近道」と以前から名言を残しているイチロー選手。この会見でも自分の考えは全くブレていません。

イチローの引退会見から学んだ目標を達成する姿勢

最低50歳までは現役と言っていた。ほんとに思っていた。だから有言不実行ですよね。

でもその表現をしてこなかったら、ここまで出来なかった

難しいかもしれないけど、言葉にして実行してこそ目標に近づく一つかなと思います。

イチロー選手は本気で50歳までやろうと思っていました。これは見ている僕でも分かるので間違いないです。

本気でその目標を掲げているからこそ、45歳まで頑張ってこれた。

一番最初のイチロー選手の目標(夢)は「プロ野球選手になること」でしたが、これも卒業文集に書くことで、発言するのと同じくらい強い効力を発揮しているのかな。

目標をもって生きる、それを言葉にする、というのはある意味自分を追い込むこと。そうすることで実行力に代えていた。

さらに目標はかなり高いものですよね。高い目標に挑む姿勢でいれば、その前に訪れる目標は達成できるということ。

僕はこれを「目標倍増計画」と勝手に命名しました。

本来の目標よりも高い目標を設定すると、ほんとに達成したい目標は通過点に過ぎません。

結構これはやっている人が多いんではないでしょうか。

僕も高校受験や大学受験では、志望校より学力が上の学校を目指して勉強していました。それが功を奏したのか、受験はクリアできました。

高い目標設定+実現できた事実」これがあると、また先の未来でもどんどん高い目標をクリアしていける「自分の強さ」が発揮できると改めて感じました。

一番最初の実績を作るためにも、子供に向けた「好きなことを続ける」という成功体験に繋がる最初のステップは重要なのかもしれません。

イチローの引退会見から学んだ仕事に向き合う姿勢

僕が会見で一番印象に残ったイチロー選手の発言がこちら。

人より頑張ることなんてできない。

あくまで「量り」は自分の中にある。自分なりに「量り」を使いながら自分の限界を見ながら超えていく。いつの日かこんな自分になっているんだと実感する。

少しずつの積み重ねでしか自分をこえていけない。一気に高みに行こうとすると、今の自分とギャップがありすぎて続けられない。

目標達成とかぶることでもありますが、あのイチロー選手でも一歩ずつ進んでいたと分かる発言です。

イチロー選手はその一歩のスピード感がものすごい速いわけですが・・・。

自分を常にアップデートし、比較対象も「自分」。自分の限界を客観視しながら、少しずつ今の自分を超えていく。

イチロー選手の言葉には、「続けることの大切さ」と「続けるには?」の答えが全て詰まっています。

この発言は自分自身の仕事に応用できるなあと強く感じました。「続ける」って簡単なようでかなり難しいことですからね。

続けることで偉大な記録をいくつも記録してきたイチロー選手。常に自分との戦いだった。

確かに・・・。

会見の最後でイチロー選手は「常に孤独だった」と言っています。

あのイチロー選手が?!アメリカ人なら誰でも知っているはずなのに?!と思っちゃいましたね。

ファンには見せない「苦しみ」や「辛さ」もあったんだなと想像できる一言です。

まとめ

もう会見の最初から最後まで、何もかも自分に置き換えると、

「自分もこうしていこう!」

「これでよかったんだ!」

と勇気をもらえる発言ばかりで、会見を見ただけで明日からの活力にしていけます。

それくらいイチロー選手の言葉には説得力と責任が出ている。

それもすべて「実績」に裏打ちされているからと言えます。イチロー選手の生き方に感動した会見でした。

↓ブログを収入に!無料メールマガジン講座↓