↓ブログを収入に!無料メールマガジン講座↓

ブログ開設

【図解】Google XMLサイトマップ 作成から登録までの全手順!

Googleサイトマップ

検索エンジン向けにサイトマップを送信してくれるプラグイン「Google XMLサイトマップ」

WordPressブログの記事の更新状況をいち早く検索エンジンに伝え、インデックス速度を早くすることが出来ます。

最初に作成・設定して、サーチコンソールに登録しておけばあとは自動で送ってくれるので、早めに終わらせておきましょう!

 

【図解】Google XMLサイトマップのダウンロード

ダウンロードは知ってる!という方はこの見出しはすっ飛ばしてOKです。

まずはWordPressで「Google XML Sitemaps」をダウンロードして「有効化」します。

プラグインの新規追加を選び

GoogleXMLサイトマップ、ダウンロード
  1. 「Google XML Sitemaps」をペースト
  2. アイコンが同じか確認して
  3. 今すぐインストール
GoogleXMLサイトマップ、ダウンロード

そして忘れず「有効化」しておきます。

GoogleXMLサイトマップ、ダウンロード

 

【図解】Google XMLサイトマップの設定

次は設定になります。サイトマップの作り方やGoogleに評価されやすい基準はある程度決まっているようです。

まずはWordPressブログの「設定」→「XML Sitemap」と進みます。

GoogleXMLサイトマップ、設定

図に示したように同じ感じでチェックを入れていってください。

(設定内容はBazubuさんを参考にしています。)

「基本的な設定」は、変わっていません。チェックが入っているかどうかの確認だけです。↓

GoogleXMLサイトマップ、設定

「投稿の優先順位」は一番上、「自動的に計算しない」のところにチェック

GoogleXMLサイトマップ、設定

ここも多少変わっています。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)
  • カテゴリーページ

にチェックを入れる。

GoogleXMLサイトマップ、設定 GoogleXMLサイトマップ、設定 GoogleXMLサイトマップ、設定 GoogleXMLサイトマップ、設定

インデックスしなかったり、クローラーが回る必要のないページを除外することでSEO評価を上げることが出来ます。

地味な設定ですが、最初に終わらせておきましょう。

【図解】Google XMLサイトマップ 作成から登録までの全手順!

ここからはブログのXMLサイトマップをサーチコンソールに登録するまでの全手順を図解していきます。

Google XMLサイトマップの作成

実はこのプラグインをインストールして有効化した時点で、何もしなくてもサイトマップのURLは作成されています。

検索エンジンにも分かりやすい決まりでもってXMLサイトマップも作られているので、プラグインをインストールしない理由がありませんね。

そのURLを使ってサーチコンソールに登録していくことになるので、確認しておきましょう。

GoogleXMLサイトマップ、登録

次はサーチコンソールにサイトマップを登録します。

その前にサーチコンソール自体の設定が終わっていない場合は済ませておきましょう。

初心者向け 簡単!サーチコンソールの設定方法まとめ

 

【図解】Google XMLサイトマップの登録手順

設定が終わったら、サーチコンソールへ飛んで「サイトマップ」をクリック!

サーチコンソール、XMLサイトマップ、登録

そして先程確認したURLを打ち込みます。

サーチコンソール、XMLサイトマップ、登録 サーチコンソール、XMLサイトマップ、登録

「送信」を押すと、自分のサイトのXMLサイトマップが送信され、今後記事を更新するごとに自動でサイトマップの送信まで行ってくれます。

そして何日か経過してまたサイトマップを押してみましょう。そうすればXMLサイトマップがちゃんと送信されたかどうか分かるはずです。

検索エンジン用のサイトマップということで、今回のプラグインはとっても便利です。

上位表示するためにも必須のプラグインなので、忘れずインストールと設定をしておきましょう。

↓ブログを収入に!無料メールマガジン講座↓