マインドセット

もっと自由に生きたい!そう思った会社員の僕が全力で行動したこと

もっと自由に生きたい

もっと自分の思い描いたとおりに生きたい。もっと自由に生きたい!自由に生きるためにはどうすればいいの?

このように悩んでいる人はとても多いと思います。

朝から晩まで会社の時間に縛られて生きていると、疲れたと感じることが多々あります。でも仕事だから・・・、と重い体を起こし満員電車に乗る。

だから「もっと自由に生きたい!」「自分の思うがままの人生にしたい!」と反発がでるのは人間の心理として当然です。

ただ生きるためには働くことは必要で、働くことと自由になることは切っても切れないと思うんです。

要は巷でも言われている「ワークライフバランス」が自由になれるかどうかに大きく関わっているのは間違いありません!

この記事ではもっと自由になるためにどんなことが必要なのかを紹介していきます。

もっと自由に生きたい!と思った

心の底から湧き出る「もっと自由に生きたい!」という気持ちは、長い年月を経過して形作られるものだと思うんです。

子供の頃は好きなように遊んでいたのが、大人になって「型」にはめられたように社会で生きていく。

1日の大半を会社で拘束されていた僕としても、そりゃ不自由を感じずにはいられません。

でも「自由に生きたい!」といっても「自由」の定義って人それぞれ様々あると思うんです。まずはそこを確認してみると

自由とは

1 自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。「自由な時間をもつ」「車を自由にあやつる」「自由の身」

2 勝手気ままなこと。わがまま。

3 《freedom》哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。つまり、「…からの自由」と「…への自由」をさす。

4 法律の範囲内で許容される随意の行為。

引用元:kotobank

これを参考にしてみると「自由に生きる」ってことは

  • 自分の意のままに振る舞い生きていく
  • 勝手気まま、わがままに生きていく
  • 強制・拘束・妨害されずに生きていく
  • 主体的に本性に従い生きていく

 

「自由に生きる」とは一見、自分だけのわがままな生活を送るように見えますが、僕はこう思います。

自分で選択して、納得して、全て自分の責任で生きていく。

 

自分の発言や行動に責任をもってもっと前のめりに生きていけば、自由を謳歌していると感じられるはずです。

でも日本の社会は義務教育から始まり、大学へいって就職する以外の道を学ぶ機会がありません。日本社会特有の決まったルートを歩んできた僕たちは、ここから自由になるためにどうしていったらいいのでしょうか?

会社員がもっと自由に生きていくためには?

大人であれば働くことで生活できるわけですから、会社員になり給料を貰う必要があります。でも会社員ってこの4つの項目どれも満たせていないと思いませんか?

  • 自分の意のままに振る舞い生きていく
  • 勝手気まま、わがままに生きていく
  • 強制・拘束・妨害されずに生きていく
  • 自分の本性に従い生きていく

 

この4つで一番に考えなければいけないのは最後の「自分の本性に従い生きてい」というところ。他の3つは会社ではなかなか変えられません。

自分の本性に従い生きていく

コトバンクにもありましたが、本性に従い生きていくことは「◯◯への自由」だということ。「◯◯からの自由」とは違って自分から行動することで変えていけることを意味しています。

その時に何を選択して何を選択しないのか、自分が本当にやりたいことは何なのか?をまずは自分の中でよく考える必要があります。

この時に注意しなければいけないのが、仕事の中に「本当にやりたいこと」を限定しないことです。

仕事や給料って「本当にやりたいこと」のための「手段」にすぎないので、手段を目標にしてしまうと目標が達成されても「自由になれた!」と感じられないと思うんです。

これがお金持ちになっても幸せになるわけではない、と言われている理由じゃないでしょうか。

だから、好きな車でドライブしたいとか、旅好きだから海外にいきたいとか、自分の中の「好き」を思い浮かべて楽しいこと楽しめることを見つけてみます。

その上で、手段としての仕事がどんなものだったら自分の本性に従って生きていけるのかを考えてみます。内面に目を向けたあとで外側を見てみます。

常識を疑う

ですが、外側の世界は思った以上に決まりきった常識で溢れています。

そんな常識で凝り固まっているからこそ、多くの人が大学まで進学し、そのまま就職活動をして会社員になり満員電車に揺られているわけです。

そんな中で「新しい働き方」としてデュアルワークやパラレルワーク、リモートワークといった今までにない働き方が徐々に常識になりつつあります。

Youtuberやブロガー・Tiktokerなど、一人で収入を得ることができる環境も出てきて、若い世代を中心に会社に頼らずに自らの力で世の中を渡っていく人が増えてきていますよね。

なにも、働き方は会社員になることだけではないのです。もちろん経営者や投資家など以前から会社員ではない働き方もありますが、それがあらゆる個人に広がってきている時代に突入しています。

そんな中で僕も「ブログ」というきっかけに出会います。

会社員の僕が全力で行動したこと

僕が今ほんとうに心からしたいことはなんなのか?と考えてみた時、確かだったことが1つだけあります。

それは家族の時間をもっと増やして、貴重で替えのきかない「今」をもっと楽しみたい!ということでした。

  • 家族で一緒に朝食を食べたい
  • 子供が休みの日には一緒に仕事を休みたい

 

自分の本性に従い、自分がやりたいことを見つけても、いままで仕事を言い訳にまったく出来ていなかったと思ったらそりゃ「自由になれるわけがない」と痛感しました。

でもやりたいことが見つかった時、僕に必要なのは「時間」でした。

その自由を叶えるために僕がしたことは「副業」です。

家族で朝食を食べたり、日曜に家族とともに休むことって一般的に見れば普通のことなのかもしれませんが、僕の中ではあり得ないことでした。

ただ「時間」も「仕事」も大事な要素なので、両立させるためにはある程度のステップが必要だと考え、一個ずつ叶えていこうと決心しました。

自由を叶えるステップ① お金の自由

現実を考えると優先順位が一番高いのは、明日から暮らしていくだけのお金。

まず僕が最初に手に入れるべきは「お金の自由」だと思いました。

全てを一気に叶えてくれる。そんなうまい話はないので、まずは「お金の自由」を解決できそうだと思って副業を始めてみました。

まず一つのことに集中するのってとても大事な考えだと思うんです。

ここで僕は完全に考えをシフトさせます。まずは「自由」や「お金」「時間」すらも全て犠牲にして、「副業で10万円達成」に全てを費やしました。

  • 飲み会や遊びの誘いはすべて断る。
  • 休日も朝3時から子供が起きてくるまで副業する。
  • 仕事の効率を上げてできた時間を副業に回す

自分で決めてこの3つを徹底的にやりました。

この間はほんとに子供と過ごす時間を犠牲にしてしまいましたが、すべては目的である「自由に生きる」を達成するため

自由を叶えるステップ② 時間の自由

副業を初めて9ヶ月が経過した2018年の8月。目標にしていた「月10万円」を達成できました。

10万円を超えて一気に20万円以上を達成できました。

正直9ヶ月は長かったです・・・、達成できるか分からない9ヶ月間ですから。

ここで僕は会社を辞めると決意します。この先の人生で自由を手に入れるための第一歩を達成できたからです。

実際に会社を辞めるまで4ヶ月。2018年の12月まで本業しながら副業もしていました。

そして年末に会社をやめて2019年の正月は「初めて家族と一緒に過ごしました。」今までシフト制で働いていて、お盆や正月が関係なかった僕にとっては「自由」でしかなかった。

時間とお金を手に入れる

会社を辞めると同時に「時間」と「お金」を手に入れることができました。

今まで2〜3時間でやっていた副業で会社員時代の給料ほど稼げたので、本格的に始めるとおのずともっと稼げるようになります。

僕はこの時点で、暮らしていくのに十分なお金と子供との時間を手に入れることに成功しました。

もちろんまだ野望はあります。ただ一点だけ。会社をやめて自分の力で稼げるようになったら、圧倒的に「時間の自由」を手に入れることができました。

副業でやっていたブログは「場所」と「時間」を選ばずできることだったので、いつ始めても、どこで始めても、いつでも終わらせることもできるんです。

「時間の自由」を手に入れるのは簡単ではない。でも結果として1年で手にすることができました。めちゃくちゃ短いと思いませんか?

ここまできてやっと僕の中の「小さなわがまま」を叶えることが出来る状態になりました。

自由を手に入れた結果は?

朝食

今では毎日のように子供と妻と一緒に朝食を食べています。

今まで出来ていなかった反動もあり「自由」しか感じませんでした。実際には学校や保育園に行く前の短い時間なので、毎日忙しくこなしているんですけどねw

でもものすごく幸せなんです・・・。だた朝食を一緒に食べることが。

僕の中の「自由に生きる」はこの願いが叶うことでスタートしたばかりです。

だれでも自由に生きたいと思っているはずなんですよね。だからまずは小さい自由を叶えていく。その先にほんとの「自由に生きる人生」が待っていると思うんですよ。

今では同じような境遇の人に「自由に生きることは出来る」とブログで伝えていければと思いながら仕事をしています。

自由を手に入れるための方法とは?

ここまでの僕の実体験から、自由を手に入れるためにはどうしたらいいのか?をまとめていきます。

まずはじめにすることは

自分がしたいことをすでに叶えている人物を探してみることです。

時間やお金の自由を手に入れている人はどんな人なのか?その人は最初から時間やお金の自由を手に入れていたんだろうか?どうやってそこまでたどり着いたのか?

ここらへんを分かるために探すわけです。理にかなっていますよね。ツイッターやインスタで発信している人もいます。自由を謳歌している人のブログなんかもありますよね。

そしてその人がした具体的な行動を自分も真似してみる。

僕はメンターがブログをやっていたので、ブログを始めたまでのこと。その人をロールモデルにして少しでも近付こうと努力しました。

そのために一番大切なのは「自分の心」。

自分で決めてブレなければ、誰でも自由に生きることはできるんじゃないかと。

自分で選択して生きていくって責任も重いですが毎日がチャレンジになります。これほど充実している日々はありません。これを続けるにはまずしっかりと今の自分を認めてブレないことが大切です。

まとめ

自由に生きたい!と思うことは誰にでもある自然な考えだと思います。

ただそれを実現させるために行動するかしないか。違いが出るのはそこだけ。

ほんとに実現したいなら

自分の本性に従い、やりたいことを考えてみる

常識を疑ってみる

ロールモデルを見つける

その人を徹底的に真似る

信じて突き進む、歩みを止めない

僕はここをブレずに実行し、今自由に生きています。もちろん不安が無いわけではありません。会社員時代にはない別の不安は感じています。

まぁでもどんな状態でも不安って無くならないと思うんですよね。

あまり考えすぎるとそれこそ手が止まっちゃうので、周囲からエネルギーをもらいながら一歩ずつ前進するのみです。

仕事一辺倒の普通の会社員だった僕が
どうやって家族との時間と収入を両立させたのか
興味がある方はプロフィールをご覧いただくか
無料で読めるメルマガで詳しく紹介しています。

たつのプロフィールはこちら。